To English Pages。 メールを送ります。
階級的原則とマルクス主義・社会主義を掲げる同志会に入ってともに闘おう! 『海つばめ』電子版の販売を始めました。メール添付で送付します。詳細は下記のリンクを参照して下さい。

代表委員会メッセージ

トランプ政権出現の暴く真実

破綻する「核の傘幻想」と「平和憲法」幻想

2016年11月26日


 アメリカ大統領にトランプが選ばれることによって、日本国家の“隠されてきた”秘密が暴露され、したがってまたそんな国家を前提にして偽善的で、空っぽの平和主義などに溺れてきた、日本のブルジョアやプチブルの立場の偽善が、その根拠の薄弱さやジレンマが明らかになりつつあります。自民党政権の、安倍政権の政治的破綻、実践的破綻であり、同時に“野党”なるものの、民・共の破綻です。
 日本のブルジョアは敗戦後、アメリカの庇護のもとに自らの存在を位置づけ、その中でもっぱら資本家的繁栄を享受してきました。つまりパクス・アメリカーナを楽しんできたというわけですが、それはまたプチブルたちが、つまりかつての社・共、現在の民・共がそうであったのと同様でした。彼らはアメリカの「押しつけた」憲法――偽って「平和憲法」と呼ばれている――と、それが法的に規定する体制のもとで、平和主義を弄びながら、自国だけの――自分たちだけの――安寧秩序を守ることを、自らの実践課題と心得て来たのですが、そんな存在やあり方がどんなにもろいものであり、虚像でしかなかったかを、いまトランプの登場と彼の歯に衣着せず暴露する現実によって明らかにされ、愕然とするしかないのです。
 トランプは公然と日本に対して、アメリカの「核の傘」という言葉に象徴される、日本の“防衛”のためのアメリカの軍事コストを負担するか、さもなければ、自分で防衛を考えろと傲然と言い放ちます。安倍のように、日本の防衛はアメリカのためでもあり、アメリカの防衛につながるなどと必死で言っても通用しません、というのは、トランプはそんな繰り言に聞く耳を持たないからです。トランプの意図は、アメリカのために、日本からより大きなカネを引き出すための詐術であり、取り引きだと言って見たところで、トランプの言葉にある“一抹の”実を、つまり日本がその国家的安全の根底をアメリカの軍事力に、つまりパクス・アメリカーナの体制に依存していること、アメリカの事実上の“従属国家”――共産党のいうように、「半植民地国家」であるかどうかはさておくとしても――であること、そしてそうした国際的な地位によって、もう一方の帝国主義的強国の中ロに対峙して、「平和と安全」を保障されているということを否定することはできません。
 日本のブルジョアはいくらかでもトランプに抗し、対決する気概があるとするなら、断固として立ち、核武装も辞さず、北朝鮮の金王朝などに――あるいは最近のフィリピンのドゥテルィテに――学んで、「自主防衛」の道を歩むしかありませんが、安倍政権にそんな“勇気”も、また実力もないことは明らかです。安倍が最近、国際会議などで大きな顔をし、虚勢を張れるのも、ただアメリカの後ろ盾があるからこそ、その限界内でのことであるのは、トランプのすげない態度によってたちまち明らかにされたのです。頼みの――あるいは、自慢の――安倍の外交・防衛政策も、その独りよがりの本性を暴露してたちまち動揺し、行き詰まり始めました。
 石原愼太郎のように、日本はアメリカの「妾」だと僻み、いらついてみても、また椎名悦三郎のようにアメリカこそが日本の「番犬様」だと虚勢を張って見ても、核兵器の一発さえ有しない日本が、国際政治の領域では金王朝以下の、無力な存在に留まる――留まらざるを得ないのは――のは明らかです。
 トランプはアメリカの“目下の”同盟国、つまり従属国である日本の地位をよく知っており、オバマなどと違って、日本をまさにありのままの存在として扱い、日本の立場や思惑など全く考慮せず、TPPなど「アメリカの国益に反する」と、いとも簡単に廃棄するし、また日米同盟よりも中国との取り引きに走りかねないのですが、それは安倍の体面だけの外交・防衛政策の根底を脅かすのです。
 そしてまた、トランプは日本に、アメリカの軍事力に依存するなら、高価な貢ぎ物を出せ、さもなければ、国家防衛を自らのこととしてなせ、と脅迫することによって、日本のプチブルたちの神聖なる憲法や9条の神話を粉砕し、彼らが絶対視し、安住する「平和」が、パクス・アメリカーナ、つまりアメリカの覇権の下での偽りの「平和」でしかないことを突き出すのです。
 「アメリカ第一主義」を掲げるトランプの圧力によるにせよ、またアメリカが当てにならず、頼りないという、“内在的な”要求や衝動によるにせよ、安倍政権のもと、日本の軍拡主義に拍車がかけられることは一つの必然です。トランプがNATOに対すると同様に、国民(国内)総生産の2%を軍事費にまわせといった要求を日本に突きつけるなら、共産党が「人殺し予算」と呼んだ、日本の「国防費」は現在の5兆円程度からたちまち10兆円ほどに倍増することになります。
 ブルジョアの日米安保体制べったりも、民・共の憲法9条の神聖視(無力な、いつわりの平和主義)も、まさにトランプの出現によって、すべて見せ掛けであり、「はだかの王様」と同じであることが暴露され、その欺瞞的虚偽とむなしい願望にすぎないという真実が明らかにされるのです。
 労働者、勤労者の国際主義と世界革命こそが唯一の真実であり、矛盾し、混沌とするブルジョア世界からの唯一の脱出であり、困難の究極的な解決であることを確認しなくてはなりません。

    天皇制廃絶のスローガンを断固掲げよ!――「特例法」も皇室典範改正も因循姑息だ【2016,10.15】
TOP

『海つばめ』 最新号(1290号)2016/12/4
【一面トップ】トランプ時代の始まり――破綻する安倍政権、そして共産党や市民派
【一面囲み】中央セミナーのご案内
【コラム】飛耳長目
【二面〈主張〉】「専門家」ヒヤリングの茶番――〝出来レース〟の天皇退位問題
【二面トップ】自衛隊南スーダンへ――目的も任務も曖昧で中途半端なまま

※『海つばめ』電子版(テキスト版又はPDF版)を販売しています。 詳細はこちら。 PDF版の見本はこちら。
、 注目記事は  


新発売! 日本共産党と『資本論』
マルクス主義の曲解とえせ解釈 そして教条主義と修正主義
  林 紘義著    定価1800円+税    案内はこちら     
  労働者党の再建を!
次の国政選挙に挑戦、労働者派の
国会議員を誕生させよう!


 マルクス主義同志会は5月の第12回大会で、「労働者党再建と国政への復帰」を決定しました。参議院選挙の結果を見ても、安倍政権が国家主義的軍国主義的策動を強める中で、野党の不甲斐なさが決定的に露呈しました。新たな労働者政党が国会に進出すべきであり、そのチャンスです。
 皆さんのご支援、ご協力をお願いします。
関連記事をまとめました。詳しくはこちらから。または右にある「党再建、国政再挑戦」のボタンから)
       ♦  ♦  ♦
《第12回 働く者の中央セミナー

【テーマ】 崩壊する資本主義と『資本論』
――共産党の「民主的改良」路線を問う

           詳しくはこちら

≪各地でのセミナーのご案内≫  過去ログ・報告はこちら

★札幌働く者のセミナー
日時:12月10日(土)午後1時半から0  会場:札幌エルプラザ4F(北8西3)中研修室C
テーマ:アベノミクスをどう考えるか―資本論に学びつついかに闘うべきか議論しよう

★水戸働く者のセミナー
日時:12月11日(日)午後1時30分~ 会場:みと文化交流センター1階101室
テーマ:カネをばら撒けば景気は良くなるか――日銀の金融政策を検証する

★福山第2回働く者のセミナー
日時:1月15日(日)午後1 時から4時  会場:福山市市民参画センター( 福山駅6分)
テーマ:長時間労働と若者の死を考える―搾取労働と差別労働の一掃こそ急務!―
             ビラはこちら


お知らせ・更新情報

 2016.9.17....... 「海つばめ」注目記事更新。

 2016.6.11....... 第12回大会報告を掲載。

 2016.4.17....... メーデー闘争にご協力を!

 2016.3.26....... 東京・大阪セミナー報告を掲載。

TOP


【新刊ご案内】


新刊!「日本共産党と『資本論』」
 定価1800円 (16.10.15発行)




『資本論』を学ぶために
「資本」の基礎としての「商品」

(15.10.15発行)



「アベノミクス」を撃つ
(13.11.5発行)




@marxdoushikaiをフォロー



マルクス主義同志会ブログ
【連絡先】
  全国社研社 〒179-0074
  東京都練馬区春日町1-11-12-409
  TEL/FAX 03-6795-2822

Visitors since Jan. 2003
    Total:     
Last Updated :